« ヤンイー特価 | トップページ | 宇宙刑事シュガイザー »

2006年5月18日 (木)

色体経象学

今まで間違えていました。ごめんなさい。

色体象学であります。色体形象学、ではありません。前々から本屋さんには注意されていたんですが、たった今シュガイザー先生からも注意を受けました。でも、先生も間違えるそうですから大丈夫(自分で言うなぁ~)。

形象ではなく、経脉の象り(かだどり)なのでという漢字を以って表すのです。今度、秋口には色体ちゃんリターンズをやってくださるそうですから(今日の講義でも公言されていたので確実でしょう!)、皆様頭の整理にいらしてください。

陰陽五行説の講義の最中に改めて実感しましたが、こういった東洋医学を読み解くソフトをまず頭に入れていかないと遠回りだし、迷路に迷い込むなぁと。読み解くソフトという概念だって、ワタシはニコイチ氏に出会わなければ、辿り着けなかったに違いない。間違いないっ。「経脉のことを知りたくて、霊樞・経脉篇を読んだって絶対に分かりません!!」と、シュガイザー先生は断言されていましたが、本当に納得、その通り。まずは解説書から入って概要を知り、それから古典に当たる。が、しかし!解説書自体に様々なトラップが潜んでいるので注意をしていかないとイケナイのであります。どの解説書を手に取るかで、その後の発想が変わってくるんですよね。ウソ情報に付き合ってしまった事に気付いた時には「ワタシの○○年を返せぇぇぇぇ・・・」という悲惨な結果になりかねない。○○に入る数字が短ければ短いほど良いですなぁ。周りに道にももちろん意味はあるんでしょうが、自分の人生の100倍近い長さの歴史を持つものを相手にしている訳ですから、こればっかり、時間のロスは避けたいです。

これを避けるために、人脈を広げるんでしょうねぇ。聞くべき人がいるっていうのは、一つの財産です。ですから、日々の人間関係がモノをいうんですね。聞きたいことを、相手が気持ちよく、しかも自分が想定した以上のモノをうっかり出してしまうぐらいでなきゃ、その人間関係は大したものじゃないんだと反省するようにしています。自分で図書室行ったって見つけられないですし、良さそうだと思えば隅から隅まで読んじゃうし。無意味に。「これは読まなくていい本ですけど、この部分だけは見ておいた方がいいかもね」というようなアドバイスって、恐ろしく時間と労力の短縮ですよね。トラップに引っかからずに、一コマ進む的な。こういったことの積み重ねが、自分なりの人体感、世界観の構築に繋がる最短の方法であるとワタシは思うのです。脳ミソが足りない分、他人の脳ミソで補うみたいな。

「理論を学ぶための投資は惜しまなかった」と、新城先生も仰ってました。技術に関しては、自分でやるよりないから敢えて強調されなかったんでしょう。やってるうちに上手くなるからっておっしゃていたかも知れませんが、センスの良い方はそれで済んじゃうんでしょうねぇ。ああいった即効性治療に行き着いたのは、患者さんが多くて仕方がなかったという背景があってのことで、某社のお灸・○○ミニの筒に自ら艾を詰め直して再利用するような鍼灸師では絶対に出てこない《発想》なんですって、本屋さん曰く。そりゃぁそうですよね。

色体ちゃんしかり、陰陽五行説しかり。「今日の2時間でワタシの3年間が活きてきましたよ。よーく分かりました!今までの教科書知識が使い物になりそうです」ってシュガイザー先生にお伝えしたところ、「当たり前だ。ボクの15年を喋ったんだから」と返されてしまいました(笑)。そうなんです。勉強会の意義って言うのはココにあるんですっ。15年を2時間で聞けてしまう。もちろん、自分から出てきたものじゃないので、聞いたからって翌日からコピーできるわけじゃないんですが、自分の中にシュ先生の理論を落とし込んでみる所からスタートできるわけです。得しましたデス。

|

« ヤンイー特価 | トップページ | 宇宙刑事シュガイザー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。