« 多賀フォー上陸情報 | トップページ | いよいよ!カラオケ大会の巻き »

2006年8月31日 (木)

8・20 身体作り 感想

経絡経穴の後に開かれる、身体作りの勉強会も回を重ねるにつれ、バージョンアップがなされてきました。

基本の正坐をしての動き以外に、新たに追加されたのは・・・。四つん這いになって、内臓が垂れ下がる重みを感じつつ、クビを左右に振りながら尻尾を覗くという動物の動きを真似ます。やっている本人は単に後ろを覗き見るだけになっているのですが、本屋さんが見回りながら「胸椎の○番までが全く動いていません。」「この部分が棒のようです。」「ココにトラブルがあるね」などと、コメントが響きます。30人弱が黙々と隙間狭しと、前を向いて四つん這いになっているのを後ろから眺める図・・・はなんだか異様でありました(笑)。

この本屋さんチェック時に、ワタシとお隣のお姉さんの仙腸関節が同じようにズレている、というのが判明しました。寝た状態よりも、四つん這いの方が明らかに分かりやすいのですね(仙腸関節の高さが異なるので一目瞭然)。にゃるほど、にゃるほど。その後、急遽ズレを治すデモが始まりました。講座に行ったらアナタ、これ習うのに8万円と言われるAKAと呼ばれる代物だそうです。実はワタシの身近にも習っていた人がいまして、「一回の講座が8~10万だよ」と聞いていたのですが、まさか、この時間のこんな時に、お目に掛かれるとは!! しかも、本屋オリジナル工夫伝までご披露頂きました。

 自宅での骨盤調整運動も教えてもらいました。これは、京都で開催された本屋さんの講座の前座でも、○っちゃんがご披露されていましたね。進む方向で骨盤の動きが変わって、生理が早まったり、遅くなったりと調節できるんだよ~と言った事もさら~りと言っておられました。

 もう一つ余興で「へぇ~」な実演。プライド等でお馴染みのヒクソンが、仰向けの相手の上に乗った際に何故相手が動けなくなってしまうのか? ってお話でした。 あれだけがっちり決めることが出来るのはですね、骨盤底を巧く使い相手を制御出来るからだそうですよ。 ただ、単純に有利なポジションを取る、ということとは大分違うらしいです。「男の上に乗るのは嫌なんですけど(笑)」とか言いながら、武術をやられているような体形をされたお兄様をモデルに「こういうことです」と、がっちり決める技をご披露されました。始めは上に乗っただけ(下の人は逃げられました)、次に技術を使って(殆ど動けず…)、ということをされてましたが、一見同じように上に乗ってる(マウントポジションというそうです)ようにみえましたが、何かが起きているのは感じられました。類希なる選手の中には、このように身体の捉え方という面での技術が抜きん出ていることがあるそうです。なので、本屋さんのスポーツ観戦の視点は一般と違った角度からご覧になっているみたいです。

 さて、本来の正坐の動き。ここでも肋骨の可動域が広がるために注目する「ポイント」の伝授がありました。前回までは仰っていなかったのですが、次第にレベルを上げていくという感じを受けます。もちろん、個人差が出てきておりますので、進みの早い人には「お土産」という名のヒントを個人的に教えて回っています。

本屋さんの教え方の特徴は、「何かを出来るようにさせる」という目標が非常に明確です。だからと言って、「今日はこれを教えますからね。みなさん、達成目標はこれ!」などというような、素人的明朗さはありません。最終目標までを何段階かに分けて、夫々の通過点でどいういう事が出来ていれば良いというのが設定されている気がします。この設定には幅があり、筋骨の形や柔軟性といった個人の差を吸収する余地があるようです。ですから、お隣の方と全く同じアドバイスではないことが多いのです。その人、その人にあった修正をかけていくという、非常に細やかな指導がなされているのに気づいている方はどれくらいいるであろうか、ムムム・・・。まぁ、こういった教え方が出来る教師ってそんなにいないと思われます。鍼灸学校に限らず、ワタシが今まで様々な分野で教えを受けた事を振り返っても、こういう先生はいなかった・・・よなぁ。 だから、本屋さんが大勢を相手の講座(セミナー)はやりたくない、「伝統的な事は本来個人的に伝わるものだ」って言ってる意味も何となく分かってきました。でも、ある有名な先生に何年もついている学生に、ほんの数分で「お宅の先生のいってることはこういう事」と、当の学生が驚くようなアドバイスを出来ちゃう能力や、後から迷いながら学ぶ人達へ、近道を教えてくれる事が出来るんだったら、そういうのは無駄にしてほしくないとワタシは思っています。昨日も本屋さん自身は「これは墓場迄持ってくんだ」と言っているスペシャルな鍼灸技法を耳にしました。まだまだいろいろ引き出しがあるみたいです。

|

« 多賀フォー上陸情報 | トップページ | いよいよ!カラオケ大会の巻き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多賀フォー上陸情報 | トップページ | いよいよ!カラオケ大会の巻き »