« 社長の椅子 | トップページ | 文字通りゴールデンウィークなのだ »

2007年1月17日 (水)

新年会

 先日、六然社で新年会が行われました。本屋さんの本格料理と本屋さん所蔵のお酒達をたっぷり頂きました(笑)。本屋さんの元へは日本中からお酒が届き、ご家庭内での消費量が追いつかないそうです。ですので、今回の新年会はお酒のお持込厳禁(笑)というお達しが出ました。目的通り、11本減ったので本屋さんは満足されていました。まだまだ有ったんですけどね(笑)。

 この日の手料理は本屋さんが2日前から仕込んだものが並びました。シュウマイ、小龍包、東坡肉(トンポウロウ)、大根と卵の煮物、奥様差し入れの機械で切ったのかと見まがうほどに見事なボリュームたっぷり千切りサラダ、他築地の卵焼き、佐渡から送られてきたイカの一夜干、海老の丸焼きぃ・・・、この他にも美味しい差し入れが相次ぎましたが、ここではご紹介し切れませ~ん。あぁ、食べ過ぎたぁ。

 さて。せっかくなので飲み干したお酒達をご紹介しましょう(笑)。

NO.1 水酛仕込み 濁酒 生 醸造元:(株)大倉本家  原料米:自家栽培こしひかり  精米歩合:75%   感想:この製法は全国広しと言えども、こんんあに古典的な蔵元は殆どないそうです。「飲むというより、食べる感覚」と書いてありますが、確かに前回頂いた時は最後の方をスプーンですくって食べていました(笑)。程良い酸味が有っておいしゅうございます。

NO.2  Lacrima Baccus CAVA  スペイン産 スパークリングワイン  感想:本屋さんが「まぁ、とりあえず一杯」的にご用意くださった模様です。CAVAは気の利いたコンビにでも最近は売っておりますね。

NO.3  月山山麗 とらやの ほいりげ 製法:しぼりたて濁りワイン 感想:こりゃぁ、毎年この季節が楽しみになるお品です。ワタシ的にはこれで3シーズン目の恩恵でございますが、毎年新しい喜びです(笑)。白の他にロゼもあります。今シーズンはかなりご相伴に与れてシアワセでした。本屋さんのお宅では毎年必須アイテムだそうです。

NO.4 純米大吟醸 天恵楽 醸造元:(株)よしかわ杜氏の郷  原料米:吉川産 山田錦(100%)  精米歩合:40%  感想:うま~い。さっぱりしすぎないのもまた美味しいものです。甘すぎず、辛すぎず~。昔のお相撲さんは肌がきれいだったのは日本酒を飲んでいたからだ、という話を聞いたことがあります。それが根底にあるのか分かりませんが、ワタシの身体には日本酒が合うと信じて已みませんっ。まぁ、飲んでいて冷えないのが一番好きな点でありますが。

NO.5 来福 純米吟醸生原酒 愛山 蔵元:来福酒造(株)  原料米:兵庫産 愛山  精米歩合:麹50% 掛50%  酵母:9号系  感想:「袋しぼり」と書いてあります。味の記憶が定かではありません・・・。ナンデだろう。

NO.6 純米吟醸原酒 土佐宇宙酒 亀泉  原料米:風鳴子  精米歩合:55%  感想:これは高知県の主力商品だそう(な~んて)。なんと宇宙を旅した酵母AA-41で作られていて、ボトルも蓋も全て宇宙にちなんで深いブルーである(笑)。やるなぁ、高知県。実はこれも味を覚えていない(笑)。きっと、日本手酌の会(会長はM柳先生だと房中博士が言っていた)の新規メンバーが増殖していたので、その辺りで消費された模様です。

NO.7 七七七  醸造元:三浦義夫  原材料:低グルテリン米「春陽」100%  精米歩合:77.7% ・ 掛米77.7%  感想:「あいつ分かってるよなぁ~」と、このギャグのセンスをいたく評価していた本屋さんです(笑)。う~む、本屋さんを唸らせるのは大変だ。

NO.8 生酛本醸造 熟成生原酒 大七 醸造元:大七酒造(株)  原材料:米、米麹、醸造アルコール  精米歩合:69%(扁平精米)  感想:これも覚えていない。誰かのせいにするより、そろそろ記憶が曖昧になった頃だと認めよう・・・。こんな奴に飲まれるお酒もかわいそうだ。

NO.9 柿ワイン 醸造元:沢田ワイン(株)  感想:これは手酌の会付近で、デザート代わりに消費されていた甘口ワインだす。

NO.10 CASTANO MONASTRRELL スペイン産 カスターニョ モナストレル  感想:飲んだのかなぁ~。全然分かんない。

他にもう一本のワインで、11本が空になりました。パチパチ。

で、居残り組みがチビチビやっていたのが

本格焼酎 古代一壷 醸造元:六調子酒造(株)、本格焼酎 陶眠 中々 醸造元:(株)黒木本店、紹興酒、ガウ オーデルンハイマー アイスヴァイン ロゼ 2005 ってのでありました。紹興酒は飲まなかったのかも。トンポウロウに入れてたのかな。

 ワタシの不確かな記憶ばかりで終わるのもなんですから、出席者の方々からの感想をご紹介しましょう。

本屋さんの「料理」な一面を知り、ますます何者なんだ(笑)と思いました。何をやっても一流なんですかね。苦手とかないのかな。

言葉を交わしたことがあるのはトレジャーさん(多賀フォーの帰りの新幹線で一緒だった)だけで、ほぼ初対面の先生ばかりでしたがしたが、みなさん良い方(良いお顔)でおいしいお酒がさらにおいしく飲めました。 本屋さんの料理の腕前は「きっとすんごい上手なんだろうなあ」と予想はしてましたが、上手というだけでない、日前から仕込んだりという手間の掛け方がさすがで、予想のはるか上をいくものでした。 朝帰りになるとは思っていなかったのですが、本屋さんのお話と貴重本のお披露目は「今しか聞けない!今しか見れない!」とついつい欲張りになってしまいました。 貧乏性の長っ尻はイケマセンねぇ。これは反省です。 先生は本当にサービス精神が無尽蔵だなあと、嘆息が出てしまいます。しかし、それに甘えすぎては駄目ですね。

「ワタシ、本当にここにいていいのかしら…」と、最初はおどおどとしておりましたが、見たことのないような珍しくって美味しいお酒と、ご馳走を遠慮なくいただいているうちに、リラックスしてまいりました。最初の生酒からはじまって、どのお酒もとっても美味しかったです。 また、後で無理やりにサインをいただいてしまった房中博士や、ほかの皆様と、 鍼のこと、からだのこと、いろいろとお話をすることができて本当に楽しいひとときでした。 房中における女子三つの心得、其ノ一を正座して聞いたところで、お話がちがう 方向に行ってしまいましたので、またいずれ、そのつづきは是非ともうかがいたいと 存じます。(…房中講義がもしおこなわれるなら、速攻申し込みます。) 本屋さんの作られたお料理をいただいて、「やっぱり《細部》まで行き届いている…」と衝撃を受けたり、(なんでもお出来になる方だと存じておりましたが、あの複雑で滋味あふれるお味はいったい…。あんなに歴然と「美味しい」って凄い…。) ローズさんに巨鍼(はじめて見ました。)の鍼先を見せていただいて、オートクレープで滅菌するところを眺めたり、彼女の巨鍼箱に感心していたら、本屋さんがどきりとする一言を。「センスがない奴は鍼灸師になれないんだよ。」その他にも、小さいネタを挙げたら拾いきれないくらい、色々な事をみて、 きかせていただき、興奮であたまがぐるぐるしながらも、極上のお酒でとても良い気分のまま(もちろん無事に)帰宅することができました。 昨夜、あの時間に、あの空間にいることができて、とってもうれしかったです。

お料理、お酒、お話、来た方々。あまりに、どれもこれもレベルが高く、この会に呼んでいただいた以上、これは今後相当がんばらないと・・・と(勝手に)思った次第です。

 最後に。本屋さんが参加者の皆様に送ったお礼文を一部拝借して新年のご挨拶と代えさせて頂きます!(年末からこの方式で、他人の文章横取り作戦です:笑)

この所、適当におだてられて人前で偉そうに喋っていたりしますが、本来こっそり自分だけ良けりゃあ良いと思って生きてるクチなので、何時引きこもりになるか分かりませんが、シュガイザー先生が頑張っている限り鍼灸界とは関わり続けようとは思っています。とはいえ、既存の多くの団体やお偉いさん達の不甲斐なさにも黙っていられるタチではないので、相変わらず「あんなやつと付き合っていると危ない」と言われ続ける存在になると思いますが、皆様が各々の立てる場所でひとりでしっかり立っていて下さればそれが世の中を変えることになるのだと思いますし、そうやって一人でしっかり立っている人達と、たまには一献傾けたい、…なあんて思っていたりするのでした。

 はぁ。至れり尽くせりの新年会でした。本屋さん、一人で何から何までご苦労様でした!!お料理も料理人を目指しただけあって本当にお上手です。参加者の声から察するに、皆さん度肝を抜かれた模様です(笑)。しかし、宴の後にはビンの山が・・・。ビンの回収日が待ち遠しかったこと(笑)。ごっそりと鎮座するビンの山に、患者さん達は「どんだけ飲むんだこの先生」と思われたに違いない(笑)。しかし、本屋さんは決して呑み助ではありません。念のため。

★★★なお、六然社の本は、 こちらの書店ウェブサイトや こちらのウェブサイトから購入出来ます★★★

 【--- Ads by Google ---】は勝手につくもので当ブログの内容とは無関係です。

--- Ads by Google ---

治療家の手の作り方

神道の呼吸法

ハイブリッド難経

超鍼灸法

東洋虹彩診断 『診断革命』

新日本鍼灸楽会草紙

大師流小児鍼

日本腹診の源流

皆伝/入江流鍼術

六然選書① 尾張藩医浅井家伝 金匱口訣

古伝大東流闡明

|

« 社長の椅子 | トップページ | 文字通りゴールデンウィークなのだ »