« 新刊発売!! 『難経真義』 | トップページ | アンジェラの独断! »

2007年4月14日 (土)

アンジェラの心づもり・・・

 いよいよ今週末、徳島です。ワタシは初めての四国。楽しみだなぁ~。しかも、6月の刺絡学会に六然社は出店予定ですので、今年は2回も四国に上陸する予定。そちらも飛行機の手配は済んでま~す。

 さて、徳島県鍼灸師会にお呼ばれした本屋さんですが、テーマである「鍼灸師の身体の作り方」を受けての資料作成を現在されています。ワタシは行けなかった京都大学での「身体技法」にも関連しています、このテーマでの講演は、過去数度に渡ってございました。何故か今回も全国から駆けつけた(笑)リピーター方にも配慮して、新たな資料で望む予定。手を抜かないところがすごいなぁ~と思うのですが、本屋さんの場合、資料を配布しても大抵それとは全然違う話が中心ですから、それもすごいと思うのです(笑)。「どうせ使わないんだから資料要らないじゃん」と突っ込んでみると、「わざわざ来てくれているんだから、お土産がないとね」と、ああ見えて(失礼!)気配りの人なのであります。

 徳島から帰ってきたら、翌週4月21,22日は京都です。22日の伝統医学史セミナーは当日受付も行っておりますので、ドタ参ありですよ(詳細は2月21日のブログをご参照下さい)。都合が付いた方は是非いらしてくださいね。こんなビックな集まりはナカナカ実現しませんから、お見逃し無く!

 で、その翌週4月29日は東京で身体作り講座。毎週働きづめの本屋さんです(笑:「オマエのせいだ~」by本屋)。そんな叫びも無視して、更なるテーマが降りてきました。

 「6月の刺絡学会の前に井穴刺絡を覚えよう」。

 本屋さんの井穴刺絡講座は以前にもやっていただきましたが、もう一度、バージョンアップです。本屋さんは「井穴刺絡は早さが勝負所」と主張。そしてシュガイザー先生の「唯掌論」は「散鍼習得」の為だけの物ではなく、「唯掌論のこの動きはこういう風に井穴刺絡に応用できる」と展開しています。武術をやっているからなのか、井穴刺絡の「型」を作ったといいますか、よく聞いてみると「工藤流(ちなみに『工藤流刺絡指南』の編集をしたのも本屋さんです)の刺絡を上手にしている先生方には、手使いに共通項があって、それはかくかくしかじかだから、唯掌論でいうところのこういう部分をこのように使えば同じ動きがスムーズに身に付くはず」と考えついたそうです。シュガイザー先生の資産をよりいっそう発展させて使いこなそうという発想があるわけですね。さすが、シュガイザー先生の良き理解者(?)。何かを理解する(学ぶ?)というのは、こういう事なのか、というモデルを見せられたような気分でした。「この動きは艾の捻り、この動きは挿管片手取りへの応用、この動きはこういう風に捉え直せば巨鍼の刺入に応用できる」と幾つか教えてくれました。

 さてさて、刺絡を語る以上、臨床で多分最も使うであろう井穴刺絡は身に付けていただかないと意味がないのです。本屋さんも子供の熱には解熱剤は使わずに井穴刺絡で対応しているようですし。脳血管障害の急患の人にも使った事があるとか。ですから、単発講座ではなく2回講座にします。本屋さんのやり方を想像するに、1回目は殆ど型作りに専念されるような気がしますが、一ヶ月間せっせと井穴刺絡をやり続けていただいた上で、5月の2回目に望んで下さい。やった人には疑問点が出てくるはずです。習ったことを一旦自分の中に落として、それをアウトプットする時間が一ヶ月ありますね。その段階で、本屋さんによる修正と指導を受けることで、華麗な絞り技が身につくというわけです。因に本屋さんは故森秀太朗先生の署名がある刺絡学会の「認定委員(学会認定鍼灸師を認める委員?)の免状を持ってまぴた。もっとも事務所の書類の渦に埋もれてるんですけど……。免状の類をやたら壁に貼付けたり、有名人との写真を貼付けたりするのや、それに名刺にやたら肩書きやら所属学会が書いてある人とか、本屋さんは嫌いなんですね。「年に数回専門学校に教えに行くだけで自慢気に非常勤講師とか名刺にいれる先生の気が知れない」とも言ってました。そういう本人は「非常識講師」って名刺はギャグで作って遊んでましたっけ。もっとも「非常識講師」って書いても気がついてくれない人が多くてつまらないらしいですけど(笑)。

 前振りが長くなりましたが、1回目は身体作りの後、4月29日の午後ですね。2回目ですが、5月は鍼灸祭が20日にありますので、それが終わった後の日曜、つまり27日に設定します。加えて、身体作りのもこの日の午前中にして頂こう。

 ・・・というのが、現在のワタシの頭の中です。詳細は徳島から帰ってきたら載せますのでしばしお待ち下さい。興味のある方はとりあえずスケジュールを空けておいてちょ。 

 

★★★なお、六然社の本は、 こちらの書店ウェブサイトや こちらのウェブサイトから購入出来ます★★★

 【--- Ads by Google ---】は勝手につくもので当ブログの内容とは無関係です。

--- Ads by Google ---

治療家の手の作り方

神道の呼吸法

ハイブリッド難経

超鍼灸法

東洋虹彩診断 『診断革命』

新日本鍼灸楽会草紙

大師流小児鍼

日本腹診の源流

皆伝/入江流鍼術

六然選書① 尾張藩医浅井家伝 金匱口訣

古伝大東流闡明

|

« 新刊発売!! 『難経真義』 | トップページ | アンジェラの独断! »