« 使える火鍼を学ぶセミナー 開催 | トップページ | 祝賀会&長野仁先生独演会in大阪 »

2007年10月23日 (火)

横山瑞生先生を訪ねるの巻

 今度の11月11日(日)に行われる、六然直伝講習会第四弾でお招きする講師、横山瑞生先生を本屋さんが訪ねるのに、先日同行させてもらったぴょん。

 場所は四谷の治療院。最後の患者さんが終わる時間帯にお邪魔しました。先生はお酒がお好きとのことで、手土産はもちろんお酒を用意していた本屋さん。日本各地のお酒を飲んでいらっしゃる横山先生でも「初めて」と言わせるお酒を持って行く辺りがさすがだなぁと思いました。

 最後の患者さんが終わると、お茶を出してくださいました。次にビールがすぐに(笑)。そして、持参したお酒を飲んでみようとすぐにこれまた栓が飛びました(笑)。「アンジェラさん、お見受けするところ低血圧ですね。結構呑めますね、大丈夫」と、注ぎ足し、注ぎ足し、コップが全く空かない数時間でした(笑)。

 今回伺ったのは、もちろん11月11日の講演会の打ち合わせです。本屋さんはこの度発売になった六然社の『杉山真伝流臨床指南』をプレゼントされながら、「日本に伝統鍼灸なんてないんだって所から出発すべき。この本は失伝した杉山真伝流を再構築しようとした、大浦慈観氏の試みです」と説明され、それには横山先生も大きくうなずいていました。

 横山先生の青年期、鍼灸を始めてすぐのころのお話はとっても貴重です。とにかく勉強が大好きで、今も暇があったら勉強しているとのことでした。今では直接知る人がいなくなってきた2世代前の錚々たるご高名な先生方の素顔の生態・・・。うっ、これ以上は書けない・・・。皆さんごめんなさいっ。『昭和鍼灸の歳月』(積文堂)に書かれていることは「主に関東の極々一部の鍼灸の歳月にすぎない」、と本屋さんはよくおっしゃっていましたが、その裏付けにもなる、生で見てきた人の衝撃的なお話ばかりでした。聴講者がワタシ一人でいいものか、勿体無い、このテーマでも是非講演を・・・、と依頼したくなる内容でした。

 話は一向に尽きませんでした。だって、お二人とも世代は違えど同じようなことをされてきたわけです。「先生、うちで出した『新日本楽会草紙』はご存知ですか? コレコレこういう経緯がありまして・・・、出版しちゃったんです。その結果、複数の学会で販売禁止になった書物です」と言う本屋さんに、「それは誉れですよ」と絶賛する横山先生。何度も会話の中で「それって誉れですよ」というフレーズが出てきました(笑)。横山先生自身も「I道の日本」を批判して、ブラックリスト扱いなんだそうです。四谷の学校で25年間教壇に立っていられた横山先生ですが、とにかく学校の教育内容を良くする為に孤軍奮闘されたそう。ですから、相当煙たがられていたとも。で、学校がダメなら学生達の横のつながりで学ぶ場をつくろうよ、と立ち上げられたのが、現在○っちゃんが引き継いでいる「学生交流会」なのだ。というわけで、同じ匂いのする人間同士が世代を超えて出会っちゃった瞬間の盛り上がり。学校教育の現場で、横山先生同様、正論しか言わない鴻仁先生(某鍼灸専門学校校長先生曰く「まあ、長野さんのいうのは、正論やからなあ(苦笑)」がこの場にいたらもっと面白かったなぁと思ったわけです。

でもニコイチと同じようなことをずっとされてきたんですねっ。

横山先生は、耳針を日本で広めた人としても記憶されなければなりません。昭和46年あたりの新聞の切抜きにはよく登場されていますが、痩身針などで使われる耳鍼も横山先生が紹介したものだとのことでした。そして、先生おっしゃってました。「多くの人の役に立って欲しいから、使うのはかまわないけど、あこぎな金儲けには走らないで欲しい」また、昔先生が紹介して、現在一般的に行われているダイエット針よりも、実はもっと効果のあるやり方が今はあるんだそうです。それも話してくださいました。ね、一人で聞くのは勿体無いでしょう?

さて、あと若干名になりましたが、お席は僅かにございます。ご希望の方は急いでお申し込みくださいませ。

《講義》

●日程: 平成19年11月11日(日)  午後 13:00~16:30

●場所: フォーラムミカサ

     〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町3-1三笠ビル 03-3291-1395
     http://www.fm-tohnet.com/map.html

●定員: 75名

●参加費: 7000円

(※希望の方には、たにぐち書店『タオの流れにのって』 ¥3465の書籍代を3000円でお分けできます。お申し込みとご一緒にご注文ください。)

《お申し込み方法》

こちら  までメールにてお申し込み下さい。予約完了の返信をこちらからさせて頂きます。

② ※FAXでもお受けしております。返信先の電話番号を明記願います。03-6279-5102 六然社・担当山本

③ お申し込み完了後、入金締め切り期限:11月2日(金)までに下記の口座へお振込み願います。

 郵便振替 :口座番号  
 有限会社 六然社  00150-4-44092

|

« 使える火鍼を学ぶセミナー 開催 | トップページ | 祝賀会&長野仁先生独演会in大阪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。