« 六然直伝講習会 第四弾 感想① | トップページ | 六然直伝講習会 第四弾 感想③ »

2007年11月17日 (土)

六然直伝講習会 第四弾 感想②

 さて、前回に引き続き、六然直伝講習会第四弾の感想をアップします。午後の部ですね。2年ほど勉強会の企画をしていますが、「なんだか違うわ」という雰囲気の午後の一発目でした。アロマテラピーがテーマだと、やっぱり女性が多いんです(笑)。アロマをやっている人々特有の人種というか、なんとな~く漂う雰囲気があって、「お、懐かしい~」という感じがしました(笑)。

 何度も書いていますが、「前田先生の講義を直接聞けるなんて、しかも鍼灸と絡めて!!」というのが、今回のワタシの喜びポイントです(笑)。この観点をお持ちの参加者が2割ほどいらっしゃいました。アロマをやってから鍼灸に来た方々。しかも、アロマを学んだ本が前田先生の訳本からだった、という経緯も一緒が多かったみたい。参加者の一人には、以前フランスアロマツアーで前田先生のご主人の薬局も訪ねていたという経験をお持ちの方もいました。

 ワタシは学校に入った当時、実は「マッサージの免許を取って、それで治療としてのアロマオイルマッサージをして、鍼灸はどうでもいいさ」と思っていたのです。それで、ワタシのアロマの先生(鍼灸師の免許をお持ち)のサロンで修行させてもらおうとお願いをしたのが鍼灸学校入学前の春でした。ところが、「アンジェラちゃん、妊娠したのでサロンをたたむ事にしたの、ごめんね」という予想を裏切る展開が(笑)。その後、アロマとは疎遠になり、2年の中頃にニコイチに辿り着き、鍼灸の面白さと共に日々を送るうちに、アロマをすっかり忘れる始末の数年間でした。1年の頃は「誰かアロマと鍼灸を組み合わせてる先生を知りませんか」と、知り合った先生に聞いて回っていたのですが、全然辿り着けなかった。地元に一件一緒にやっているところがあったのですが、鍼を打ったあとに、なんの拘りもない既製品アロマオイルで、適当にマッサージされてがっかりして以来、アロマと一緒っていうのはこの程度が主流なのかぁ・・・と探すのを諦めてしまいました。それが、どうよ(笑)。5年かかりましたが、こんな出会いが!っていうことが、色んなご縁が繋がって実現したんです。本当、鍼灸は出会い系なんですね。懇親会等で直接どんな風に臨床をやってらっしゃるのかを質問させていただき、本当に勉強になりました。いつか先生の治療を受けてみたい!という次なる野望が生まれてきた次第です(笑)。

 講義はとっても素晴らしかったっす。というのは、前田先生の語り口調が素晴らしいんです。今回はアロマテラピー導入篇も兼ねていたので、基礎的なことをちりばめながら、先生の世界観を展開してくださいました。アロマテラピーの部分は本当に簡単な事も沢山喋ってくださっているんですが、「そんな事は知ってるぜ」と思う事は一度もなく、思わず「おぉ~アロマってすご~い、やってみた~い」とルンルンしてきました(笑)。簡単な内容をこうも深く喋れるものか・・・。先生のバックグラウンドがそうさせるのでしょうが、今まで聞いた事のないアロマ講義でございました。帰り道に、講義の中で紹介されたスイートオレンジのエッセンシャルオイルを購入されて帰られた方もいらっしゃいました。前田アロママジックにかかってしまったんですねぇ(笑)。

 そうそう、前田先生がお持ちくださったエッセンシャルオイルはご主人の薬局で扱っているものだそうです。しかも新品を持って来て下さったのは感激(涙)。エッセンシャルオイルは油ですから、酸化しやすいものでございます。通常1年ほど持ちますが、ビンを開けたときの香りはそんなには持ちません。開けたてのあのフレッシュ感。これがとっても楽しみなのです。この瞬間を絶対に人には譲らないっす。で、講義の際に紹介されたエッセンシャルオイルを配る任務を遂行中に、どさくさに紛れてブラックペッパーを開けてしまった(笑)。フランス語は読めませんので、アクシデントと言えばアクシデントなんです(弁明)。たまたま開けたら、卒倒しそうないい香り。冷え性のワタシと相性の良いエッセンシャルオイルなので、ぴったり合うのですが、こうも澄み切ったブラックペッパーは今まで嗅いだことがございません。懇親会の時に「こいつ開けやがったんですよ」と某先生に密告されましたが、先生は「いいのよぉ、使う為に持って来たんだから」と、まだ未開封の他のエッセンシャルオイルもテーブルに出してくださいました。ワタシの横にいた同類と、「開けちゃおう!」と目を見合わせて、ドンドン開けてしまいました(笑)。どれもイイんです。ま、香りは自分に合わないものも多々ありますから、それは香りが良くても使いませんので脇に追いやり、好きな香りをクンクン嗅ぎ続けるしばしの至福の時。横にいた同類と譲ってもらえるようにお約束を取り付け、どうにか手から離すことが出来ました。船便で送ってくださるそうです。もし、欲しい方がいたらご一緒にいかがですか? メールにて連絡を下されば一緒に注文しますよん!

 この講座を通して、ワタシの中で前日までとは違ったアロマの小窓が開きましたですよ。面白い事に、次の日急に以前務めていたアロマ会社から電話が入り、「急で悪いんだけど、明日得意先さんに講座をやって!」という依頼が来ました(笑)。講座の前に久しぶりに寄った会社で、社長やそこのブランドで出しているオーガニックシリーズのエッセンシャルオイルの入手担当者と話が出来、エコセールや、デメター認証製品(シュタイナーのバイオダイナミック農法)の裏事情など詳細を聞けたのも興味深かった。そんで、今日はアロマ市民講座の講師の日だったんですが、受講生の方々と化粧水を作りながら、今までとは違った新鮮な気持ちでお話が出来たと自己満足をしているところです(笑)。

|

« 六然直伝講習会 第四弾 感想① | トップページ | 六然直伝講習会 第四弾 感想③ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。