« お盆もやります! | トップページ | 多賀大社フォーラムファイナルプログラム »

2008年7月28日 (月)

鴻仁先生のこじんまり勉強会

 8月も後半。とても素晴らしい企画ができました。いやぁ、治療院を作ってよかったなぁ~。題して・・・

鴻仁先生のお療理教室 

メニューはその日の仕入れ次第。おまかせコースとなっております。参加費は時価。

ここで、鴻仁先生から一句。

「多賀フォーで 大枚はたく その前に お療理教室 行くか 行かぬか」

日程は8月21日(木)午後6時~9時。その後、もしかしたら年内に続編一回があるかもしれませんが、とりあえず21日の募集です。提供されるお療理は仕入れ状況により決まります。なのでその日のお任せコースです。ただし、この時期特有の旬を生かした素材がメインとなります。色んなお療理法が飛び出すこと間違いなし。お席は8席となっております。

以上。 詳細がお知りになりたい方は こちら までメールにてお問い合わせ下さい。

裏話をば。8月21日に上京されるのは、北里研究所のお仕事のようであります。その後に古本屋に行かれる時間を1時間だけで我慢して頂き、その後神保町のワタシの治療院で開催となります。

前に「こじんまり勉強会、お願いします」と、お願いしておいたのが実現して嬉しいです。パチパチ。

そもそも。開催決定が決まる流れの中に、ちょうど臨床話があったんですね。ワタシが目下の課題である○○について治療法を伺っているお電話の中で、顔面神経麻痺の治療法がでてきました。「○○に一本で取れることが多いけど、普通はそこはやれないから・・・・」などと、臨床家鴻仁先生の引き出しが出るわ出るわ・・・。

「子午流注を臨床に使うんだけどね」とおっしゃる鴻仁先生。「あ、子午流注板を使って、その時間に患者さんに来てもらって治療するアレですね」と、学生の時に聞きかじった話を思い出して口にてみましたところ、「子午流注ってそう使うもんじゃないんだけど・・・。だったら回転ベットにして方位までこだわって欲しいもんだよ」と(爆)。そうだよなぁ、あれだけの患者さんが来るのにどうやって疾患と流注の時間を合わせるんだろうと不思議に思ったんですよねぇ・・・と頭の中で思ったりしました。

先生曰く、「○○の瀉が、腎経の補になったりするのも子午流注で説明できるわけ。経絡の選択に使うんだよ。勉強してないねぇ」と釘をさされてしまいました。きっと、こういう話も出てくると思います。後は、普段の臨床の中で「押さえどころ」として使われている具体的な内容なども出してもらえるかも! と期待しています。でも、なんせその日の仕入れ次第ですからね(笑)。最近の臨床例がどんなのなんだろう~と楽しみにしております。

因みに、鴻仁先生のお療理教室に対抗して、本屋さんの活法(割烹)教室はどうでしょう? と投げかけてみましたが、あっさり断られました。「誰もできないから」という理由です(笑)。確かに。つい先程も本が多い茂るこの狭い廊下で事件は起こりました(笑)。本屋さんに背を向けて席に戻ろうとした瞬間に「エィ!」と突然気合いをかけられて、足が動かなくなりました。「かっぽうかっぽう」と笑う本屋さんが先に席へ戻っています。「これって、殺法の方じゃないですか・・・」と、一歩が踏み出せずにその場で刺激に堪えていたワタシは思わず言ってしまいました。「じゃ、本当の殺法受けてみる?」とニヤリと笑う本屋さん。「活法は殺法と表裏だから」だそうです。

さてさて、ワタシの治療院、実は既にHPができておりまぷ。

<<http://www7b.biglobe.ne.jp/~usagidou/ >>

 ぬあんと、本屋さん&本屋さんの奥様が作ってくれまぴた。本家六然社のHPがないのに(敢えて作っていない;笑;;本屋さんの奥様曰く「金にならないHP制作は初めて」だそうですが、さすがプロの仕事は違いますね!)、開業祝いだそうでございます。わーい。

|

« お盆もやります! | トップページ | 多賀大社フォーラムファイナルプログラム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。