« りくぜんや、刺絡学会出店します | トップページ | 六然直伝講習会特別編 「治療家なら知っておきたい呼吸の事……循環呼吸を体験しよう」 »

2009年7月 3日 (金)

業務連絡&  寺子屋別伝実況レポート

さて、7月の別伝講座は5日第一日曜日(固体)と12日第二日曜日(流体)、時間はどちらも午後12時半から14時半(目安です/大体本屋さんいつも長くやるから;笑) 。

お仕事の都合他でキャンセルされた先生がいらっしゃいますので、若干お席がまだございます。ご希望の方は連絡下さい。

さて、さて、遅くなってしまいましたが、前回までの別伝講座、いくつか感想を頂いていますので、せっかくですので、紹介しておきます。こういうものを頂くと主宰している側としても張合いがあるというものです。
=====================

お世話になっております。○○です。
…中略…
(この方は患者さんとしてうさぎ堂にも来て下さっている方です)先月は、生理痛で急な割り込み診療をお願いしてしまいましたが受入れていただきありがとうございました。
今月はだいぶ痛みは無くなり、乗り切ることができました(^^)b

先月の治療の翌朝は、足のむくみが上半身へ移ってきてタポンタポン
頭は重く、目は涙目、ボーーっとしたりものすごくだるかったりという反応がありましたが、刺すような痛みはまっったく無くなり(ありがとうございます!)
痛みはもう無いのに、痛みに対する心身のこわばり?緊張だけが残ってました。

体が中々動かず、その日は固体稽古の日曜、ムリかなー?と思う反面、体が変化してる最中に、稽古したらよりいいのかもと思ったり、迷いつつ、参加してみました。(先月の話ですよ)

結果は、稽古後はやっぱりすっきり!とした体になりましたー^^
だるさ、水っぽさ、こわばり、クラクラなどが無くなり、技も少し進歩したような気がしましたし、同じ日曜の夜はヨガに行ってますが、すっきりとなめらかに動けました


そして今回は…
先週日曜から腰と胃が痛くなってしまい、参加を迷ってました。
腰痛はあまり経験が無くて、(自分の中では)過去最高に痛くなり、様子を見てましたが、金曜にはだいぶ良くなったので参加させて頂きました。
胃痛の関係であまりご飯食べてなくて今回はフニャーっとしてしまいました…。
なので技の進歩は体現できず、しかし知識は得られて、終わった後からは、カラダがすっすっと動くようになりました。
運動してもお腹減らず、あまり食べてなかったのに、昨日の稽古後は久しぶりにお腹が減って、帰り道にハンバーグステーキセットを食しました。。(おほほ)

稽古の後半で、うつ伏せで膝の治療するような活法を教えていただきました。(ま、私には高度ですが興味は深々♪)

その際私も受ける体験させていただいたのですが、うつ伏せで片足膝から折って、大腿部を胴体から引き出す感じで動かすと中の方で、鳩尾の裏辺り?から腰や骨盤、足付け根、などが伸びて、それだけで気持ちが良いのですが、その程よく伸びた状態で、足がおしりにくつく感じで膝からぺたっと二つに折りまげてキープ、最後に腰のツボらしきところを指圧(?)していただきました。
ギュウゥゥっと押されてるときは、中の方?四方八方?にじっくりひびき、うーー気持ちがいい..という感じでした。
膝痛への手技だったと思いますが、帰り道腰の痛みもだいぶ減ってたんですよーー!!
立ったり座ったり、拾ったりクシャミしたり(笑)寝床から起き上がったりしないとわからない痛みだったので、あとから気付いたんですが。

感激しました。有難いです。
膝のセルフケアも教えていただきました。
これで、稽古後の膝さんを労わろうと思います。よしよし…

怪我無く、疲れず痛めず省エネなからだの使い方ができるようになりたいなーと思っております。
後略。。。

======もう一方からの感想です。=======
まだ2回の参加にすぎませんが、このお稽古はとてもおもしろく、帰宅してからボディブローのようにジワジワと効いています。

人のカラダの触れ方とか、
力の作用反作用だとか、
そういうとても基本的なことを身を持って学習できるいい機会だと思っています。
(本来は学生のうちにこういうことをやっておくべきだったと思いますが。)
加えて、たとえば三陽絡付近の横刺とか、後ケイの使い方とか、
特効穴とか言われている穴と患部との関係性とかが(妄想上の)経絡だけではなくって実際のカラダで自分なりにわかりそうな気がしてます。
これから何度も反復練習をすると、もっとわかってくるのではと思います。
……後略
=========================

この参加者さんは、帰りの電車の中で患者さんの件で本屋さんに相談をしている時に、「なんだかとっても腑に落ちる」言葉を貰ったんだそうです。
「いい言葉をもらったなぁ」と書いてきてくれましたが、こういうのは当事者じゃないと分からない事ですね。人間関係って大事なあ……と、つまりは、そういうことです。

==================
尚、寺子屋別伝は、ほんとの寺子屋講座(お寺でやってる方)での身体作り体験者が対象となっております。いきなりの別伝参加は特殊な場合を除き受け入れておりません。
==================

8月2日の「第8回六然直伝講習会(鴻仁先生の灸頭針入門)」は、刺絡学会会場にてチラシを配りましたので、すでにお申し込みを頂いておりますが、7月19日の寺子屋講座特別版「六然直伝講習会特別編(鍼灸師なら知っておきたい呼吸の事/循環呼吸に挑戦してみよう)」はとっても近いうち(笑)にアップします。今暫くお待ち下さい。

なお、六然社の書籍は以下の書店サイトからもお買い上げ頂けます。

p>難経真義

杉山真伝流臨床指南

治療家の手の作り方

神道の呼吸法

ハイブリッド難経

超鍼灸法

東洋虹彩診断 『診断革命』

新日本鍼灸楽会草紙

大師流小児鍼

日本腹診の源流

皆伝/入江流鍼術

六然選書① 尾張藩医浅井家伝 金匱口訣

六然選書② 鍼灸開業 繁栄の秘訣

古伝大東流闡明

|

« りくぜんや、刺絡学会出店します | トップページ | 六然直伝講習会特別編 「治療家なら知っておきたい呼吸の事……循環呼吸を体験しよう」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。