« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月21日 (日)

2月の感想

先月の感想文が送られて来ました。この方は今度3年生の学生さんで、入学前の講座からいらっしゃっていたと記憶しています。とても行動的で、その後本屋さんの講座は月に一度の寺子屋と身体作りの延長である別伝講座の両方ともほとんど出席されています。

今回掲載させてもらうに当たって、「そうそう!」という着眼点がありました。臨場感溢れる感じで気付きについて書かれているので、皆さんにも読んで頂きたいな、と思いました。これは何度も何度も本屋さんの講座に出ていないとなかなか見えてこない物であろうと思われます。勘の良い方、他にも今までの人生である道を極めて来た経緯のある方はすぐにピンとくるのでしょうが、学校教育の頭のまま(自分で考えない)で寺子屋に参加されると「なんかすごい物を見たなぁ」、あるいは何か分かったように気になって一知半解で終わってしまったり、あるいは何も見て取れなかったりといったケースが少なからずあると思います。

この方のように粘り強く本屋さんにくっついてきた方は、ある時ふとこういう視点に気付くのだと思います。ここからが本当のスタートだ、と本屋さんはよく言っています。

遅ればせながら、2月の寺子屋の感想を送らせていただきます。よろしければお読みください。

2月の寺子屋に参加させていただいて、自分が今まで学校で習ってきたことはなんだったんだろう・・・とショックを感じると同時に「ちから」というものを考えさせられました。
寺子屋の別伝でも、「ちからを出す」と「ちからを入れる」とは全く違う。アナタはいっしょうけんめい入れている・・・と教えていただいていましたが、まさに入れているんだ・・・ということを自覚せざるを得ない実技でした。 ああ、確かに力が入ってる、違う方向にいってる、でもどうやって抜けばいいのかわからない、どうやってそこに出すのかが分からない・・・などという混乱がひどかったです。

今回は始まる前に、自分なりに「寄金先生が、伝えたい共通項はなにか?」という疑問を持って参加させていただきました。
途中、実技もいろいろ変わるので、こんなにたくさん覚えられないや・・・と思っていたら、ある実技の変化が原理のヒントになっていることに気づいて、急に「おんなじだ、同じことを要求されているのではないか」と感じました。

それは言葉にしてしまうとおぼろげなのですが 「ちゃんと愛情を持つこと」 という言葉が一番近いもののように思います。(我ながら怪しいですが、一番近い感じがそれだったので)そう感じたことに関連して、時々笑ってお話される「祖父の遺言は、『人の嫌がることをしろ』だった・・・」という話を思い出し、冗談のように聞いていたけれど、それも「人に愛(うまい言葉がみつかりません・・・)を持って生きなさい」というような意味が含まれているのでは・・・すごい生き方をした人だったんだなと思い、私なぞは、どうしても波風たてるのがめんどくさい、嫌だと感じて、言葉に出さないことが多いので、より痛く感じました(賢しい思い込みだと恥ずかしいのですが・・・汗)。

そして前半で紹介されていた、「そばもん」。
以前からちょこちょこ目に留めてはいたのですが、気になったので、改めてコミックを読みにいき、「変えなきゃいけないのは、考え方だ!、こうやればこうなるじゃないんだ、こうなる様ににどう打つか?だ!」という言葉にハッとしました。霊手指圧にしても、こうやればこうなる・・・っていう方法を捜す気持ちでやっていたんだな、こうなる様にどうするか?だなぁ
自分でやる・・・と思ってはいても、まだまだマニュアルを求めていたんだなぁ、と一人納得し、同時に、力を抜くというのは、部分ではないんだなということ、そのときだけ抜こうとしても上手くいく訳ないな・・・と感じ、日常でも力を抜くことを意識して生活しつつ、延べ1000人を目安に毎日いろいろな人に試しています。

まだまだ力は入っている気はしますが、それでもなぜか硬結がふっと取れるのを時々感じるようになりました。

寺子屋で感じたこと、その後感じること、気づくことがたくさんありすぎて、書ききれるものではありませんが、とりあえずの形で言葉にしてみました。
簡単ながら、感想とさせていただきます。いつもありがとうございます。
それではこの辺で、失礼します。

↑以上です。

今日の寺子屋でも『そばもん』の抜粋を紹介されていました。ワタシも借りたのでこれから読む予定です♪

|

2010年3月 5日 (金)

2月寺子屋報告&3月のお知らせ

先週末の国家試験、3年生の皆さんお疲れ様でした!! これで肩の荷が下りた事と思います。ゆっくり休憩されてください♪ 六然講座に常連参加されてきた学生さん達も(試験一週間前の日も参加されていました)自己採点では、無事合格みたいです。

さて、2月の報告をしたいと思います。2月は《指圧》がテーマでした。実際に下腿と腹部の指圧を習いました。本屋さんの芸の奥深さを見せつけられた手技でございました。ただ圧するのとはワケが違います。どこまでワタシの言語能力で表現できるかは微妙ですが、ちょっと書いてみたいと思います。

ワタシはあん摩・マッサージ・指圧師の免許も持っておりますが、こういった圧の入れ方を授業で習った事は記憶にありません。「徐々に力を入れて~」とか、「体重を乗せて」とかは習いました。なので、かなりの確率で親指をだめにしていきます。しかも、親指が変形してくる事を良し、とする風潮もありますよね。ワタシはこれが苦手で、あん摩倶楽部を一日で脱退しました。指が痛くなってしまい、これじゃ壊れるだけだと思ったんです。痛いのに耐えられない(笑)、きっと、根性無しと思われたに違いありませんが、今では他の方法であの頃よりは圧が掛かるようにできるようになりましたので、結果オーライです(笑)。

前置きが長くなりましたが(いつものことです;笑)、本屋さんの威力は「圧を入れて~」と言う前に既に入ってるんです。指を置いた瞬間にもう入ってくる。これは受けてみないと分かりませんが、以前高知の某亀さん治療院でそれを目で見る事ができました。

ジャンプやマガジンなど、男性向け漫画雑誌の広告によく出ているようなのですが、「なんとかワーカー」とかいうらしい筋トレ様のグッズで、一メートルぐらいの棒を両端から押すと中央が短くなるエクササイズマシンがありますよね。その一端を地面に置き、もう一端を手で押す。この動作を遊び半分、みんなでしていた時、本屋さんだけ手を置いた瞬間に棒が短くなるんです。ワタシなどは力もないですし、「う~ん」と力んでみたり、飛び乗ってみたり。で、ワンクッションしてから棒が短くなるのですけども。寺子屋に出席された帰りに箱根近くまで歩いて帰るトライアスロン好きアスリート系鍼灸師がやっても、一呼吸、間が空いてぎゅっと縮まります。

これはどうも力ではないぞ、そう目に見えて思えた瞬間でした。その経験を持って、今回の講座を振り返ると、ここに使うのかぁと、改めて印象付けられました。

下腿の指圧はある程度皆さんできるのですが、腹部の圧の入れ方はこれはもう神技に近いです。〇っちゃんの解説で何を行なっているのかが読み取れましたが、要は脱力です。前回の萩原先生といい、兎に角脱力なのです。

「圧を入れる」、この言葉自体がそもそも間違っている?、と思うほど。「手を置いて、圧を抜く」の方が言語表現としてピンと来るかもしれません。じゃ、「抜く」とは?? これが難しい。手を上げて行く事ではありません(笑)。離すのではもちろんなく、密着させながら、内蔵の奥の方まで染み入る圧。これは肩関節からずっと連なる手腕指の関節が脱力していく事で可能となるのです。いやいや、肩関節だけではないです。ここで重要になるのが、いつも身体作りでやっている基本動作の胴体力です。胴体からどのように力を操るか、ここで全てが決まります。だからこそ、この手技は正座で行なわないと難しい、と本屋さんが言っていたのでございます。

このように、一つの技に全身の使い方が必要とされてくるわけです。なのでワタシもこの一週間は脱力をテーマに治療に取り組んでみました。忙しくなるほど、力で勝負しているのが分かります。「二頭筋腱」が緊張しているので、いかんいかん、と力を抜く、というのを繰り返してきました。そうすると腕の疲れや疲労感が俄然減るのですね。

講座の後の食事で、〇っちゃんが「今度耐久レースをやりましょう!」と面白い案を言っておられました。指圧及びマッサージ耐久レース、と名づけたそのルールは簡単。誰が最後まで揉み続けられるか。力で勝負している人はあっという間に音をあげます。筋疲労がすごいですからね。まさに「乳酸地獄」で手が動かなくなるわけです。また、受けるほうにも脱力感が無いと、長時間に及ぶマッサージには耐えられません(笑)。

本屋さんはよく、「ずっとやっていても疲れないよ」とおっしゃいますが、その閾値へ達する道を今回の講座では見せてくださいました。

そして次回。先ほども出てきました「出来るからだの作り方・使い方」の強化練習です。後、下半身というか丹田の強化も。9月に行なった身体作り講座の復習、個人の進み具合に合わせたアドバイスを行なってくださる予定です。前回の参加者が優先となりますが、初参加ももちろんウェルカムです。

・日程 3月21日(日)
・前半10時~12時(初心者向け)、後半13時~15時(参加した事のある方)
・参加費 6千円
・場所 「自由学校」駒込駅1分
東京都豊島区駒込1-43-13 伊藤美ビル2F
JR駒込駅・東京メトロ南北線駒込駅より 徒歩1分

http://homepage3.nifty.com/dance-mds/map.html
 

ワタシのいつものアドレスまで、事前にメールにてお申込み下さい。

(2月の寺子屋でお申し込みの方はメール不要です)

前回も両方参加する熱心な方もいらっしゃいました。今回もアリです♪

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »