« 六然社直伝講習会スペシャル企画(揺れる身体と外側と) | トップページ | 本屋さんの連続講座:『治療家の手の作り方』を読む&業務連絡 »

2010年9月10日 (金)

六然社社主 仙台にて出張講演

 東北地方の先生方&学生の皆様、朗報です。社主は地方ではやらないのか?という声をなんども頂戴したことがありますが、残念ながら滅多にありませんのです。
 過去、鍼灸専門学校での非常識講師を承った以外では、九州や、四国での講演があっただけでございました。
 今回は東北、仙台での講演です! テーマも社主ならではのもの、時間も長めとなっており、御興味のある方にとっては、千載一遇のチャンスかもしれません。

テーマ:「東洋の身体技法とその伝承形態 ー効かす手作り体作りー」
「東洋の身体技法」につきましては、社主は以前、京都大学の人文科学研究所で講演したことがありましたが、あの時は聴衆が一般の方がメインでした。今回は一応「鍼灸師の為の」講演ということが前提となっておりますので、よりマニアックな情報が提供されるだろうと思います。

 板張りの会場のようですので、実際に動きを見る&体験することができるのではいでしょうか。都内某所でほぼ毎週開かれている「寺子屋別伝」の稽古も板場でして、型を練習しながら実際に治療にどう生かすのかをその場でどんどん見せて下さいます。「ここで腕を伸ばす意味」、「遊びを取るには」などなど活法からの応用、つまり伝統的身体技法である殺法と対峙する体の扱い方を熟知されている社主ならではの視点が垣間見れると思われます。ほぼ一日の講義ですね。ワタシも行っちゃおうかな♩

 この講義とは関係ない話ですが、最近『もし高校野球のマネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海著を読みました。興味のないジャンルでも世の中の流行をしっておく方が良い、という社主の背中を見習い、どうやったら片付けができるか本を買うつもりが、平積みされているベストセラーを買ってみました。その中にある(p204)一文を読んで、いつもおっしゃっていることとだぶるなぁと思ったので引用してみます。

 

組織構造は、組織の中の人間や組織単位の関心を、努力ではなく成果に向けさせなければならない。成果こそ、すべての活動の目的である。ー中略ー 成果よりも努力が重要であり、職人的な技能それ自体が目的であるかのごとき錯覚を生んではならない。仕事のためではなく成果のために働き、贅肉ではなく力をつけ、過去ではなく未来のために働く能力と意欲を生み出さなければならない。

 これはドラッガーの言葉ですが、「成果」を「治療効果」に置き換えて読んでみると社主がよく言うことが見えてきます。「脈診ができることよりも患者さんが楽になることが大事でしょ」としょっちゅうおっしゃいますが、「治療効果」を追い求めているつもりが、脈診などの鍼灸技法のマニアックさの「努力が重要」になってきてしまうのは道を外すことだと読めます。「職人的な技能それ自体が目的かのごとき錯覚を生んではならない」とドラッガーも言ってます。おぉ、偉大なる20世紀最高の知性も同じこと言ってる、と一人電車の中で膝を叩いた帰り道でした。

 「成果こそ、すべての活動の目的である」。これを鍼灸師的に置き換えれば、治療効果こそ施術(言葉での語りかけ・自宅でのケア法も含め)活動の目的であるのです。だからこそ、鍼灸だけにはこだわらない社主の姿に真理を感じて全国津々浦々から学びたい方が集まってくるでせう。東北の方、ナイスチャンスです。

 そして、「組織構造は、組織の中の人間や組織単位の関心を、努力ではなく成果に向けさせなければならない」のところですが、社主は一人行動派ですから組織ではないのですが(笑)、勉強会に来続けている面々を組織の中にいる人間と見ると、この「努力ではなく成果に目をむけさせなければならない」を地でやっている場面によくぶつかります。基本的に鍼灸師は間違った努力をしていることが多く(学校が間違った方法論で教えているから圧倒的に多いのでしょう)、それを成果(治療効果)を目指させるように導びかれています。成果(治療効果)のために働き、贅肉ではなく力(筋トレ体作り;笑)をつけ、過去ではなく(間違った思い込み治療法からの離脱を助け)、未来のために働く能力と意欲(治療院繁栄の秘訣)を生み出さなければならない(これが寺子屋がずっと続いている理由でしょう)。

 全く鍼灸師とは関係ないや、と思っていた経済学を読みながら、この本のコンセプトである野球部の女子マネが野球部をマネジメントする方法を利用して自分の身に置き換えて読んでみると、この本はとても有意義でした。

 そうそう。先日、足底筋膜炎っぽい社主の治療に挑戦してみました。治療というより練習に近い形でしたが、この骨をこういう風に動かして…、という社主の指示どうりに上手く出来ず、「どうしてできないのかなぁ」という社主のぼやきに、「頭を使ってないからでしょうか。この骨の関節面がこうなって、どっちから刺激を加えるとよいとか思考回路を発展させる辺りで苦しんどります」と答えた所、「いや、体を使ってないからだね」とあっさり切られました。「そっかあ、手先の動きではなくて体かぁ」と思い直して最近筋トレ(社主の武術力を支える超短時間にして体の芯を鍛える術、きっとご披露してくれるでしょう)をまた始めた所です(笑)。

 さて、前置きが長くなりましたが詳細です。

日時:10月11日(月・祝)
時間:11時~16時(昼休憩1時間)
場所:台原コミュニティーセンターC室
< http://www.its-mo.com/doko/15/507175921/137830764/ >
参加費:3000円
お申し込みは必要事項を明記の上、

 御希望の方は、「六然の小窓をみて」と一言書いて、今回の講演の企画運営をなさっている「弁研」の鈴木先生まで お申し込みのメールを送って下さい。
   弁研のURLは< http://www.geocities.jp/benken_sendai/ >  
定員は50名だそうですが、定員になり次第申し込み終了ということですので、御希望の方はお早めに。

|

« 六然社直伝講習会スペシャル企画(揺れる身体と外側と) | トップページ | 本屋さんの連続講座:『治療家の手の作り方』を読む&業務連絡 »