« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

12月の寺子屋と別伝の業務連絡

 12月の別伝は、4日、11日、25日と毎週ございます。(年明けは8日から)
 18日はいつものお寺で、寺子屋を開催します。詳細は下記。

 そろそろ寺子屋もヤメようか…という六然社代表取乱役(笑)の意向でしたが(別伝は鍛錬中心ですから続けます)、幾多の方面からの口撃やらメールやらで、とりあずは続ける事になりました。
 という事で、12月も第三日曜日にいつものお寺で開催します。
 テーマは「呼吸と治療、そして養生」
 「呼吸の補写」という言葉はございまして、呼気と吸気とで刺針のタイミングを変える事で、自律神経に与える影響が云々という研究もありましたが、実際に刺針や施術で呼吸を読んでいる鍼灸師がどのくらいいるでしょうか? もともと呼吸を重視するのは、療術や活法では当たり前のお話。では、呼吸は身体にどう影響するのか、実際にいくつかの実技を踏まえながら展開する予定のようです。

参加御希望の方は、いつものアドレス にメールを下さい。(以前も書きましたが、携帯から「参加を希望します」とだけ書いて、お名前も所属もなにも不明なメールを頂戴する事があります。お互い登録してある携帯同士のやりとりに慣れきってしまっているのだろうと思いますが、こういう謎なメールに対しては返信をしておりません。初参加の方は簡単な自己紹介など書いて下さると助かります)

 また、うさぎ堂講座もいつも通り11時からさせて頂きます。11月号の『医道の日本』で取り上げて頂いた、待合室の作り方の記事をご覧頂くとどんなことを考えて治療院を作ってきたのかの参考になるやと思われます。前回の講座の中で、治療院を開いたら一枚写真屋さんで撮った顔写真を用意した方が良い、とワタシの経験上のお話しをしました。デジカメで撮った写真とカメラマンが撮った写真では説得力が違うと思うのです。顔の造形の問題でなく、「きちんとしてます感」がでますから使わない手はありません。ちなみに11月号にはやたらとでかいワタシの顔写真が載っていますので御笑覧ください。ナチュラルでとメイクを頼んだはずがこんなになってました。出来上がった顔にぎょっとしてメイクさんに「これでナチュラルでしょうか?」と思わず聞いた所、写真用ナチュラルだそうです。加えて、本屋さんによる手直し箇所がいくつかございます(笑)。わかるかな?? 医道の日本担当者さんへのデータの送り方が分からず、本屋さんに相談に行ったら「目に☆入れてみようか? シミ隠す?」とアレヨアレヨという間に修正〜!。メイクと修正によって、本人とは乖離しておりますが技術ってすごいですねー。 

 なお、ここ数年、毎年、11月に石坂宗哲(石坂家)墓参をして参りましたが、12月のうさぎ堂主講座の後に参拝を予定しております。御有志の方は御参列下さい。今回テーマは呼吸の話、本屋さんの真言読経にも、そのヒントがあるかもしれません。


 

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

この場をお借りしまして・・・

今回は一月早いですが卯年総決算的雑談とまるっきりUさぎ堂の宣伝となりますがご容赦ください(笑)。本屋さんにも了承を取り、どんどん宣伝して下さいとのことでしたのでこの場をお借りして現状報告をさせて頂きます。

振り返ればこのブログを始めてから相当な月日が流れております。5年半ほどになるでしょうか。最初からご覧頂いている方は顔見知りの方が多かったのですが、最近は現役の学生さん等、直接存じ上げない方々にもご愛読頂いているようで、ネットってすごいなーと改めて思います。

本屋さんの元で学びつつ、「そろそろ開業したら?」と六然社の従業員の座を剥奪されて早3年、開業してから活動フィールドがあれよあれよと広がってきました。自分じゃまだまだ開業できないと思っていたのに分からないものですねー(なので経験談を元に皆さんに早く開業した方が良いと力説しています)。オールラウンドに極めている本屋さんのご指導をたっぷり受けながらのフィールド活動ですから、ワタシごときがやっておりましても、それなりのものが世間様に提供できているのではと自負しております。治療院外のお仕事は課外活動と思ってますが、治療院で「先生」をやっているのでは得られない社会経験が積めますね。鍼灸学校入学を機に企業で働くのは遠ざかっていましたが、新卒気分で勉強させてもらっています。

何でもそうですが、実地に勝るものは無いですね。来春発売のクッション開発が始まった当初、現在の市場を見てくるように具体的に指導されました。ワタシと言えば骨盤矯正になる形を提案すれば監修者としての仕事を全うしているのであろうと思っていたのですが、色や形、サイズ、素材、価格帯など「ロフトとハンズで傾向を見てきて下さい」と指示を受けた時、ハッとさせられたんです。売れるものを作る、これが企業の最優先目的であるわけで、本屋さんから習った形を提唱したクッションであれば絶対に効果があるので大丈夫、というのでは自分サイドからしかモノを見ていなかったのだーと反省。なるほど、だから健康器具は高くて問題なしなのだと実感。「○○先生ご推奨!」で必要に迫られた人が値段を厭わずに買うわけですから。しかし、ワタシが組ませて頂いたのは健康器具屋さんではありません。一般女子にかわいいゆるキャラ雑貨を提案している企業です。なので価格帯も決まってきます。某編集さんがキューピットとなり、引き合わせて下さった初回ミーティングで「ちゃんとした機能を持った雑貨」がコンセプトになり、健康志向の女子だけにしか届かないものではなく、普通にどんな人の日常にも溶け込んで、こっそり且つしっかりサポートするグッズをコンセプトを提案しました。

さてさて、世に広めるには安くあるべきだし、女子の心を掴む色柄素材でなきゃダメですし、使ってもらえば使用感は間違いなく効果があるわけですから、その前段階の「心をつかむ」仕掛けを実地にて学びましたです。その後ネットも含めて色々と見て回りまして、ふとその時思ったのですが、本屋さんや○っちゃんなどとお買い物へ行くと、目的とは全然違ったものもとりあえず見て回っているなーと。つまりは、こういうことだったのかーと、クッションを見て回りながら気付いたわけで、情報収集を常にされているんですね。だから突然の会話の中で現在の世の中の動向が言えたりしちゃうわけで、「鍼灸の先生」だけで生きているわけではないから、様々なアンテナが張り巡らされているのです。だから、どんなフィールドでも活躍できるだろうなと思ったのであります。

そうそう、鈍いワタシでもどうにかやらねばと、アナログ生活からの脱却もこういった課外活動での必要性から突っつかれて、少しずつ進んできました。今でも浦島太郎状態ですが、こういう必要性が無ければもっとひどいと思います。治療とは全然関係のないPC関連の能力が治療院の運営でも今の時代は大前提で、一人で何でもやらざるを得ない一刻一畳の主である鍼灸師は特にPCに助けてもらう部分を学んで行く必要があるとも痛感しています。この辺を至れり尽くせりでサポートしてくれている○っちゃんのノウハウを学び、来年度は「効率化」を目指そうと決意しました! 目下の宿敵、雑務君をバサバサ切って、お茶しに出歩いたり、お昼寝する時間を作りたいと思っています。熟れてきたらこの辺も講座の中で紹介できたらと思っています。

それから、年度が進むたびに思う事ですが「先生」として扱われることが多くなると、それだけで持ち上げてもらえる機会が増えていきます。どこへ行ってもご馳走になり、良いお席に座らせてもらい、一方的に話すのを熱心にうんうんと聞いてもらえる。取材を受けても言いっぱなしで「勉強になりましたー」と頭を下げてもらえる。そりゃ気分がいいですよね。ただ、そういうのが気持ち悪いのだと、本屋さんは「先生」と呼ばれるのを嫌うのですが、ワタシもそういうのを嫌がる人を見てきたお陰で、違和感を感じる能力は備わっていて、「お、今先生モードで扱われているから気をつけなきゃ!」と、バードビューよろしく俯瞰的に確認したりしています。上から目線の「先生」にならず、PCを修理する技術者みたいに、体の不調を治す技術者として精進して行きたいなと思う背景には、技術の妙技を見せ続けて下さる本屋さんの背中があってこそなのでしょう。寺子屋や別伝にきている方々を見ていても同じように感じていると思います。

宗教学者のM先生が繰り返しておっしゃっていた話しで、「麻原があそこまで行ってしまったのは師匠がいなかったからだ」というのを思い出します。ある程度修行をすれば素人を驚かすぐらいの事は出来るわけですが、それを諌める存在、また修行の先にあるものを見せ続ける存在である師匠がいなかったから暴走してしまったのだということでした。自分に置き換えてみれば、ワタシが100歳まで生きたって本屋さんが見ている領域で体に触れることなんか無理だろうな、でも見てみたいから続けよう的な雲の上を行く存在があることで、常に「自分なんてまだまだ」と思わざるを得ず、「本屋さんだったらもっと簡単に取れただろうなー」と、患者さんに心の中で手を合わせていることしばし。寺子屋を続けて頂けることになりましたが年単位で参加されている方々も治療で行き詰まった際に「ふと思い出す髭の顔・・・」なのではないでしょうか。

常に足元を見ながら、浮き足立たず、今与えられた目の前の事を淡々と繰り返していく先に突然ステージが変わったり、落ちたり(笑)、試行錯誤をして人生が過ぎて行くわけですね。今回たまたま縁あって出版や雑貨のプロデュースが続きましたが、ベースの部分である治療技術の向上ができているのかを自問自答しながら卯年をちょっと一月早いですが振り返ってみました。

さてさて、前置きが長くなりましたが宣伝の部分をばさせて頂きたく存じまぷ。

☆「手のひら湯たんぽで温め健康美人になる本」主婦の友社 湯たんぽ付き 1100円
Amazon
まとめてお買い上げの場合はご相談ください。

☆うさぎ堂監修 ほんやら堂温めグッズ
賢い女性は冷やさないシリーズ
商品の詳細はこちらをご覧下さい。
楽天
治療院で販売されたい方はご相談下さいませ。


ワタシが高校卒業後から20代半ばまでに、弱い子ちゃん(あだ名はセンシティブ;本当、笑)に成り下がった頃から、自力復活したまでの経緯が今思えばセルフケアの実証でもありました。スタートだった素人的健康法から治療を学ぶ過程でより万人に合うものを知り、諸先輩方の教えを受けた中で得てきた実感の集大成が今回のムック本と温めグッズです。しかも可愛くて一般女子に届く形にしてもらえたのがワタシの希望通りです♪

ぜひ一度ご覧になってみて下さいませ。

|

2011年11月 5日 (土)

10月の寺子屋終了&業務連絡;11月の別伝

 10月の寺子屋は、久しぶりの身体論でした。
 今回はとくに人数を限定しての講座でしたから、参加出来なかった方はごめんなさい。
 常連の先生方には「来なくていいです」と言っていた本屋さんですが、さすが常連の先生方、「同じ話しかしませんから」(本人談)というのを「(違う角度から話す)同じ話」と知っている為か、放置状態でもいいから参加したいという先生もいらっしゃって、半分以上はいつものメンバー。どうやら、本屋さんが、初めての人に教えるものを見たり聞いたりして、再確認やあらたな発見、そして見落としていたもの等を見つける人もいたようです。当初「年単位でやることです」と言っていた意味を年単位でやってきたからこそ腑に落ちつつある先生もいらっしゃる一方で、月一回ここに来た時だけやっている先生もいたりする訳ですが、本屋さんはそういうの(どちらも)見逃しません(笑)。
 「ひと(自分)の身体で、ひと(他人)の身体へ」施術する以上、「肉体なければ伝統なし!」と言い切る本屋さん、以前、松田博公先生の著作では本屋さんの寺子屋での活動を「隠れキリシタンのように……」と揶揄されていました。本屋さんはそれを読んで「偏見だな〜(笑)」と一言。でも、古の名人達がたどり着いた境地を見るには、鍛錬するしかない、というのが本屋さんの主張。とはいえ、その治療スタイルは、ソフトで繊細な刺激が殆どで驚かれる程です(でも身体が変わる…)。
 10月の寺子屋の様子については、頂いた感想を引用しておくと雰囲気がお分かり頂けるかと……。


=====以下は初参加の先生======
寄金さんの実演を見て、
あの通りやってみようとやってみる。
でも実際やってみるとできない。
できないを自覚しているならまだ救いもありますが、
ひどいものになるとできていないのにそのできていない自覚がない。分からない。
自分では出来ているつもりでいるので、指摘されて、はじめて、ああ、自分の
腰は今傾いているんだと気づかされる
(自分では地面に対して平行に構えているつもりでいる)
そこがなんともくやしくて、くやしくて、くやしくて・・・

=====こちらは今春より参加されている先生======
今回の寺子屋は、寄金先生の、「寺子屋もそろそろ辞めようかとも考えてます」発言で始まり、身の引き締まる思いでした。
春から参加させていただいて、そうお感じになって当然かもという気がします。
私自身、忙しさを言い訳に、本を読んだり、練習したりせず、自分の中で消化できないまま、後ろめたい気持ちで寺子屋に参加しています。
なので、参加しても、自分なりの考えや質問が浮かんでこないという状態です。
それなのに、参加しているだけで満足してしまっているというか、お話を聞いたり技をみせていただいて、「いい話聞いちゃった。いいもの見せてもらっちゃった。」と、そこで満足してしまうところもあります。
当然のことながら、いつまでたっても『やらなきゃできない』のに・・・。
寺子屋に参加するたび、治療家になんてなれないんじゃなかろうか。
まず、人として足りない部分が多すぎる。と、いうことに気づかされます。
でも、だからといって、逃げたり諦めたりしたら、そこでおしまいなので、
現状を直視して、1ミリでも成長できるように、気づいたことから変えていけるように行動しようと思います。
寺子屋に参加させていただいていなかったら、こんな風に現状を把握して、危機感をもっていなかっただろうなと思うと、あらためて貴重な機会を与えていただいているなと思います。毎回とても刺激になります。本当にありがとうございます。

=======以下は、ちょっと長いですけど、海を越えて参加された先生からの感想。======
この度、○○先生と◎先生にご一緒させて頂いた◇◇です。先日は2日間のご教授に、実際の治療も見せて頂き、そしてご馳走にまでなりまして、本当にありがとうございました。私が鍼灸の免許を取ったのは5年前で、周りに東洋医学をする人はおらず、ほとんどが軟部組織に対する物理療法の延長線として考えておりました。そして縁あってオステオパシーを学べる機会があり、その理論とテクニックに魅せられ没頭していきましたが、病院勤務の為臨床で使うことは出来ませんでした。○○先生は柔整の先輩で、まだ開業していなかった当時はよく資料を持って整骨院に遊びに行っていました。そして二年前、私が開業するにあたり○○先生の整骨院で2ヶ月間修行をさせて頂きました。そのときに「お前のオステオパシーで俺を治療してみろ」と言われ、やって見たところ上手くいきません。勉強会で集まったときは、どこか調子の悪い先生を、「お前治療してみろ」と言われやってみても上手くいかず、それを○○先生が見事に治療してしまうのでした。そのときに○○先生から、「いくらオステオパシーの理論とテクニックは素晴らしくても術者の身体ができていなくては意味がないと言われました。
 勿論オステオパシーも、ポジショニングや脱力、リズム感、術者の重心の安定も実技では重要視します。確かにすぐ上手くなる先生は武道やスポーツをしている先生が多く、会長は剣道七段です。
 そして○○先生に、「うちに居る間に鍛え直してやる」と言われ、毎晩のように筋トレとスパーリングをしてから、揺らしと練功を一緒にしました、そして六然社の話をしてくれました。それから二年経ち念願の講習会に参加出来る機会に恵まれました。
 そして、実際の治療を見させて頂きましたが、正直なにをどうしているのか分かりませんでした。実際に自分て受けたときに何をしているのか感じ取ろうとしましたが加減がとても繊細でなにをされているかはっきりと解らず、感覚に集中するあまり先生の声が聞こえなくなってしまいました。
しかし身体の調子はとても良くなりました。
 とにかく微妙な加減の制御や正確かつ素早い動きが印象的でやはりそれを目指す為には身体作りが重要だと強く思いました。
 翌日の講習会では様々なトレーニングがありました。それは身体の重心の安定、仙腸関節から脊柱へそして肩甲骨から上肢へ、また下肢から骨盤へ、動的な安定性を養い、また身体の使い方を学習する事により治療操作の安定や微妙な加減や正確な操作が可能になるのではと思いました。そして前日の先生の治療している姿を思い出し自分の中で納得しました。仕事に戻り、治療のほとんどは再現することは出来ませんでしたが、蝶型骨の技法は私の知っている頭蓋のテクニックよりとても効果がありました。また足底筋膜から膝を治療する技法もとても効果的でした。
 そして今週の日曜日は私の所属するオステオパシーの講習会に参加しました。先生の身体の使い方を意識しテクニックを行ったところ劇的に効果が上がり講師の先生にも、今回から急に上手くなったと言って頂けました。そして実臨床での治療効果も上がりました。
 これからも習った身体作りをやり、勉強に励みたいと思います。そして散鍼や合気や脳活なども出来るように頑張って行きます。
 そしてまた先生の講習会に参加したいので宜しくお願いします。
======
 こういう、「お役に立った感」満載のメールは、それなりに本屋さんの励みになるようでして、その他多方面からの依頼もあり、とりあえずは、毎月第三日曜日のお寺での講義は続ける方向では考えているようですが、とりあえず11月の定例寺子屋については、今回は情報クローズです。。


 尚、別伝は、いつもの場所で、11月は6日、13日、27日を予定しております。それぞれ、午前中は自主練時間となっておりますので、担当のT先生に御連絡の上、ご参加下さい。
 ここ数回は、「皮膚をどう扱うかで体への影響が大きく変わる」というのをテーマにしていますが、前回は、傷めている患者さんの手を上に上げるのでも、こうすれば痛くなくあげられる…という目から鱗の方法を紹介、普段やっている技がこういう風に生きるのか!、とびっくりした人もいたようですが、本屋さんにとっては「当たり前でしょ?」といった話。
 何故身体をつくる必要があるのか、ということを、もう少し臨床の実際(活法や散鍼や療術等)と絡めて、認識して欲しい、そのための別伝だから…、という事でした。参加数年にしてやっと、どんだけすごい事をやろうとしているのかみえてきた人もちらほらしつつあるようです。

 ワタシももうちょっと身体を鍛えないと……。すっかり忙しさにかまけて怠けているのが本屋さんにはバレバレです。治療しながら鍛えてるつもりでしたが(少し体が重くても施術し始めると体が軽くなって頭も回るようになって体調も整うので)、それじゃ足りない部分もありーの、また、まだまだ体軸ができてないので施術によって逆に歪みが出てきたり。○っちゃん先生にも「施術中の姿勢に問題が有るね」と最近ご指摘頂き、自分の体の隅々まで動かせる本屋さんのような体能が育つ過程にも増々興味がわく昨今です。ちょっと前までうさぎ堂印の姿勢クッションの開発に関わってまして(ほんやら堂さんから来春発売です♪)、骨盤を今まで以上に観察し、夢にまで出てくるぐらいずっと考えていた時期を過ぎて、更に本屋さんの骨盤に釘づけです。
 
 なんであそこまで自在に動くのか。武術での鍛錬の成果であろうと思うのですが(そう言うと、武術をやっていても動かない奴は動かないとのこと)、前傾、後傾、はたまた片方づつ、もっとすごいのは「妊婦」といって容積を広げる技。ひょえーです。妊娠中に関節が柔らかくなるホルモンが出てるから広がるはずなのに〜、なぜ〜〜〜。と叫びたいくらい気持ち悪いです(笑)。いずれにしろ、一般人はあそこまで動かない。

 未だに覚えていますが、学生の頃は骨盤の形なんて一生覚えられないと思ったものです。それぐらいに複雑怪奇で、しかも治療には関係ないや、八膠穴だけ覚えておけばいいじゃん、ぐらいの感覚でした。「それだから鍼灸師は・・・・」と本屋さんの嘆きが聞こえてきそうな発想です(笑)。本屋さんの元で学ばせてもらううちに、骨盤の重要性を認識するようになりました。本屋さんが仙腸関節を「ほらこんだけ動くでしょ」と、学生達に触らせながらよく教えていますが、昔はそれが「動いてる?」と固まりにしか見えなかったものが、ちょっとずつ「あぁ、動いてる動いてる」と細かく見えるようになると面白くなり、「ほぉ、あっちとこっちに動いてる」と連動性がだんだん見えてくるのです。骨盤から連なる上体と下腿の連動が見え始めると、「骨盤」は重要どころか最終的にココさえどうにか出来たら(本屋さんレベルで)どんな症状にも応用できるんじゃなかろうか、という永遠のテーマ的存在になってきました。それをいざ自分の体に落とし込んで再確認しようとしても動かないから行き詰まる・・・。とはいえ、動かない理由を探すのもまた面白く、それはそれで患者さんに応用が効きますし、動くようになるための練習をしながら骨盤の動きを体感していく・・・、ってのが本屋さん的『身体の作り方』の基本なわけです。

 ご参加くださった皆様、すごい種を頂いたのでありますから、それを育てて、ぜひご自分の身体で試して下さいませ♪ いかに動かないかを実感し、どこが動かないかを細かく解析し、どうしてそこが動かないのか・・・などなど、頭の体操もぜひセットでどうぞ。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »