« 2014年7月寺子屋の感想と8月のおしらせ | トップページ | 8月の感想と9月〜10月のお知らせ »

2014年8月22日 (金)

妊婦の動作あれこれ

引退宣言後に投稿です(笑)。産後しばらくは目を使うな、との本屋さんの仰せに「あ、そうだった」と、その助言を守ることにいたしまして、産前に書き上げておこうと思いました。妊娠9か月のころ、本屋さんに同席してもらいながらお腹が大きくても負担にならない、マイナートラブルを出さない体の使い方あれこれを撮影した時の話です。

ワタシの湯たんぽ本を作ってくれた編集さんとはその後も仲良くさせて頂いておりまして、妊婦のマイナートラブル色々を体の使い方でかなり解消できるよ、なんて話をしていたらワタシをモデルにして写真を撮っておこう!と作戦会議が進みました。編集さんのご主人がカメラマンさんなので、うさぎ堂を撮影場所として座り方、立ち方、掃除機の掛け方、寝方などを撮影しましたよ。これは資料としての撮影でしたが、いずれ公開できる時が来るのかもしれません。ワタシもどんな風にまとまっていくのか楽しみにしているのですが、彼女が骨折してしまった関係で、だいぶ先になるのだと思われます。

さてさて。皆さんと共有したいなと思ったのは、本屋さんが指導してくれた起き上がり方なんです。これは、以前にも身体の使い方講座の中で、身体を伸ばしたり縮めたりしながらゴロゴロと転がり、移動するというのがあったと思いますが、それと根本的には変わらないとのことでした。

妊婦が寝床から起き上がる動作はかなりの、よっこらしょなんです。患者さんでも向きを変える時、起き上がるときに大変そうにされている方がほとんどです。これが本屋さんの教えの通りにやってみると、なんと殆どストレスなくすんなりと起き上がれます。

仰向けに寝た状態から横を向いて起き上がるのですが、ワタシがやってみたところ、無駄なステップが多すぎる、力を使う方向が違う、とのご指摘。足をもっと体に引き付けてから回るとか、足を伸ばす方向がそっちじゃなくてこっち、等々のアドバイス通りに何回かやってみるとできるもんなんです。とても起き上がりやすい! お腹がじゃまでここまで足を持ってこれない、持ってきてはいけない、という存在意識があるんですね。これは歩き方や立ち方に至っても同じで、お腹を突き出すようにしてしまうのはこの「意識」の問題だと思います。掃除機の掛け方もそう、理にかなった動きをしていれば、掃除機かけて腰痛、なんてあり得ない…、「起き上がる動作の中でバラバラに体を動かすのではなく、一緒に動かす」。これは常々本屋さんが「初めて立ち上がる子供のマネ」付きで言われていることでした。妊婦の動作も同じだったのか!と、合点しました。妊婦=特別な状態、と思うから間違う動作も多いのでしょう。単に太ってる、お腹が出っ張っているだけと最近は思って動くとかなりスムーズに行けることを発見しました(笑)。赤ちゃんがいる、転んではいけない、という用心する心がけが足を蟹股にし、お腹を目立たせるように突出し、すり歩くようになってしまうんでしょうね。そのせいで、腰や背中のコリが生まれてしまうのですが・・・。

妊婦になる前から、本屋さんが不適当な妊婦歩きを揶揄するのを見てきましたから、ああなってはいけないと思って気を付けてきました。そのお蔭で背中や腰に余計な負担を掛けることがなかったことから腰痛も起こらず、また胃を背中側から圧迫することもなかったので、お腹が大きくなっても胃に物が入らないということもありませんでした。

臨月になると足元が見えないとも聞いていましたが、このような姿勢を取っていれば特に見えないこともないんです。多くの妊婦さんはお腹をあえて突き出してしまってるのだと思います。鳩尾を引くようにしてあげると背中と骨盤が一体になる感じになります。そして、この姿勢だと背中で呼吸ができるというか、東洋医学でいう腎に息を入れるという感じでしょうか、ストレッチをしなくても、マタニティヨガをしなくても体を楽に保てますよ。

そうそう、先月○っちゃんに「もっとお尻が下がったらいいのに」と言われました。お尻のお肉ではなく、骨盤の形のことを言われているわけですが、妊婦のお尻の形に注目していなかったので、これは目うろこでした。

  体の使い方、見方って面白いですね♪

 さてさて、ワタシはもう予定日も過ぎていますので、失礼致します。編集さんが本を仕上げてくれたらまた御知らせしますね。ではでは〜。

※9月の第三日曜日はいつものお寺がお彼岸の為使えません。ですので、春・秋の<手作り身体作りのテーマ>で別伝会場で行います。時間も午前の10時10分〜昼休みを30分位とりますが、午後の14時半位迄、講習料は普段と同様1万円です。こちらも御希望の方はいつものアドレスまで。予め連絡頂ければと思います。

|

« 2014年7月寺子屋の感想と8月のおしらせ | トップページ | 8月の感想と9月〜10月のお知らせ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。