« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月10日 (土)

2015年上半期の予定+別伝予定

 新しい年が始まりました。本音も宜しく、もとい本年もお願い致します。

 皆様にとって良い年になる事を祈っております。

 さて、早速ですが、本年上半期の六然寺子屋の予定をお知らせしておきます。

 基本第三日曜日、場所はいつものお寺でございますが、今年は少し変則的にさせていただきます。

 毎年1月は、代表取乱役によるサブカル講座、つまりは勝手な事をくっちゃべらせて頂いております。ここ数年、般若心経やら、修証義やら、五輪九字明秘密釈やらについてしゃべって来ておりますが、今年は、臨床に行や加持を取り入れていた先人達の例をいくつか上げながら、ちょっとマニアックな展開をしてみたいと思います。新規参入歓迎ですが、年の初めに付き道心のある方の御参加を期待しています。御年始代わりの粗品を配る関係で、前回欠席の方で、1月御出席予定の方は、一報下さると助かります。
 
 2月は、昨年11月12月とやって来た上肢の活療術(表・裏)の復習をやりたいと思います。ですので、2月は新規参入は御断りしますが、特別な紹介や知己、過去に参加された方はこの限りではございませんので御希望の方は御一報下さい。

 3月は御彼岸行事でお寺が使えない為、別伝会場にて行います。ほぼ恒例になりつつ有りますが、3月は「唯掌論入門、効かす手作り体作り」です。当該講座を経て、既に散鍼を習得された方が、それなりにいらっしゃいますが、今年も新年開け早々勉強にいらした先生がいらっしゃいました。言いっぱなしではなく、技術を習得して頂く事がやっている側の励みにもなりますので、今年も数名、ちゃんとした散鍼が出来る人を育てたいと思っています。『誰にでも出来る…』とか『○○にも出来る云々』とか『よくわかる…』とか、そういうものを六然社は求めていませんし標榜もしません。簡単な誰にでも出来る事であれば、誰かにやらせればよろしい。「この人でないと…」「お前に出来るならやってみろ」的なモノを求めていますので、習得にはある程度の困難が伴います。それでも出来るようになりたい…、そういう人は御参加下さい。

 4月は 直伝講習会を当初予定しておりましたが、5月の第5日曜日(31日)にそれを当て、「活法のいろは」をやろうと思います。
 どうも世間では、活法というと「ウチには何百種類ある」とか「こういう症状にはこういうやり方」みたいなモノが有るようですが、六然寺子屋にあるモノは、至ってシンプルなものですので、そういうものを御希望の方は期待はずれになります。身体の持っている原理、「こうすればこうなる」という人体の自然な働きを理解し、様々な局面でその原理をうまく応用機能させるだけです。ただ「上手くやる」為には、いくつかの条件があり、その基本は術者の体使いに尽きるのです。
 昨年50を過ぎたので、そろそろ、活煕術(活煕点操法)、活法のいろはを体系だって紹介していこうと思っています(師匠筋が「50過ぎてオヌシがまだ続けているようであれば次の世代に伝えていけ」と言われていたので…)。
 いずれは、「流れ」「楔」といった概念から、「転縛」「轆轤」等の具体的な手技、そして「離れ」や「手の内」といった、技術というべきか方法論というべきか、ちょっとジャンル分けのしかねるモノまで、なるべく紹介していきたいと思っていますが、さしあたって基本的な所を実技を通して習得して頂ければと。

 5月は、第三日曜日が湯島聖堂での鍼灸祭の為、毎年お休みにしておりましたが、今年は第5日曜日まで有るので、第五日曜日にやろうと思います。
 

 6月は有志によるフランス研修旅行があるので御休みさせて頂きます。

 本年後半の予定はまた改めて。
 また、別伝は1月4日は自主練、11日、25日
 2月は第三の寺子屋以外は毎週やりますが、第一日曜日は、午前中からお昼まで、別な勉強会に合流しておりますので、13時スタートになります。
 3月は1日、8日、22日(29日は未定)
 そんな感じですが、変更有る場合はまた当ブログにて連絡させて頂きます。
 新たな気持ちで精進して行きましょう。 六然社主 謹識
 
 

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »